開咬とは~開咬のリスク~|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

開咬とは~開咬のリスク~

投稿日:2020年9月23日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

今日は”開咬”と呼ばれる不正咬合についてお話します。

 

開咬とはカチンと歯を噛んだときに奥歯しか噛まないかみ合わせのことを言います。

前歯が咬み合わせられないので、前歯で食べ物を噛みちぎる事ができなかったり

麺類を食べるときなどにもに不便だという意見もあります。

 

特にご自身では歯並びの不便さを感じていなくても”開咬”で問題になることがあります。

それは歯への過重負担です。

お食事をするとき奥歯しか咬まないのでそれらの歯に掛かる負担は非常に大きいものです。

何十年と本来より少ない本数で咬んでいると、

歯が咬合力に耐えきれなくなり破折してしまうこともあります。

 

虫歯や歯周病にならなくても破折で歯を失ってしまう原因となってしまったら・・・。

”今”何も問題を感じていなくても将来的に歯を失ってしまうリスクも高くなってしまうので

一度矯正相談をされてみるといいと思います。

トップへ戻る