なるべく歯を抜かない非抜歯矯正法|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

なるべく歯を抜かない非抜歯矯正法

矯正治療で歯を抜くべきなのか?

矯正治療で歯を抜くべきなのか

多くの患者様からご質問頂く内容に、「歯並びが悪くなる原因は何?」というのがありますが、こちらのご質問には「顎の骨の大きさと歯の大きさのバランスがとれていない」ことが原因であるとお答え致しております。

しかし、抜いて良いはなんてありません。どのような歯並びの矯正であっても歯を抜かずに行うのが理想です。抜歯を伴う矯正では咬み合わせを適切にするのが難しいケースもありますので、可能であれば歯を抜かずに矯正治療を行っていきたいものです。矯正治療時に抜歯を極力回避する方法として下記のようなものがあります。

矯正治療で抜歯を回避するための方法(歯のスペースを確保する)

十分なスペースの確保が難しい場合には抜歯をご提案させて頂きますが、一部の患者様は下記3通りのスペース確保により抜歯をせずに矯正治療ができる状態と思われます。

IPR(=ディスキング)

IPRこちらのIPRでは、歯の側面を削ることによりスペースを確保していきます。この治療法で削る範囲は0.2~0.5mmとエナメル質全体のわずかな量ですので、虫歯になりやすくなったり歯の寿命が短くなるといった心配はありません。矯正治療においてポピュラーな治療法となっておりますので、ご安心頂ければと思います。

歯の遠心移動

歯の遠心移動歯の移動スペースを確保するためにエナメル質を削る方法と合わせて行われることも多い方法で、奥歯をより奥へと移動させる方法になります。顎の骨にインプラントを埋め込み、それを軸として歯の移動を行っていきます。マウスピース型の装置を装着することで効率良く移動させていくことができます。

歯軸傾斜を改善して十分なスペースを確保する

歯の遠心移動歯軸傾斜が原因となり、適切なスペースが確保できていないことも多く見られます。このようなケースでは歯を抜くことによりスペースを確保するのではなく、歯の傾斜や軸を適切な状態としてスペースを確保する方法をおすすめしています。

すべてのケースで抜歯を避けられるわけではありません

矯正治療と抜歯ただし、上記を行っても顎に十分なスペースが確保できないケースや、顎の骨を十分に拡大することが難しいケースでは歯を抜く矯正も必要と思います。

矯正治療で抜歯するのは主に小臼歯と呼ばれる4番目の歯になります。抜歯するかしないかの正確な診察・検査が必要となりますので、矯正治療を行う際にはぜひカウンセリングにてご質問頂ければと思います。

矯正治療中に歯がグラグラして抜けそう!?抜歯が心配な方へ

矯正治療中の歯のグラグラ矯正治療中において、歯周病や虫歯でもない健康な歯なのに歯がグラグラして今にも抜けそうな状態で心配される方がいらっしゃいます。

それは歯根膜という顎骨と歯の間にあるクッションの役割を果たす膜が、矯正治療中に歯を動かしていることにより厚くなり、そのクッションの厚み分、グラグラと歯が動く状態になります。しかし、治療が進んでいくと、また、治療が完了すると歯根膜の厚さも正常に戻り歯の同様は治まります。

千葉県柏市で非抜歯矯正治療をお考えの方はぜひ無料相談へ

非抜歯矯正治療

柏KT矯正歯科では、日本矯正歯科学会の認定医が非抜歯矯正治療を担当致します。まずは歯並び無料相談・セカンドオピニオンも実施しておりますので、千葉県柏市で非抜歯矯正治療を受診する矯正歯科をお考えの方は、お気軽にご連絡ください。無料相談ではお口の5箇所からの写真撮影、レントゲン撮影、動画シミュレーションによる歯並びが治っていく様子の確認、さらにあなたに適している装置の選択肢や非抜歯矯正治療の治療費や治療期間、分割払いに関してなどについてもお話しも致します。ここまですべて無料の範囲内でご提供しております。必ず抜歯をしないで矯正治療ができるとは言い切れませんが、できる限り歯を抜かないで治療ができるよう考えます。皆様のご来院お待ちしております。

トップへ戻る