開咬の歯科矯正治療例|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

開咬の歯科矯正治療例

開咬(前歯が開く)の症状について

開咬(前歯が開く)の症状について

開咬は奥歯のみ咬み合わせが良く、前歯の咬み合わせが不適切な状態です。こちらも歯列不正の代表例で、比較的ポピュラーな症状です。また症例として前歯のみ咬み合わせが良く奥歯や小臼歯が咬み合っていないケースも開咬と呼ばれることもあります。多くのケースでは発音が上手にできず、サ行やタ行の正確な発音が難しくなっており、自分自身は普通に話していても周囲の人には息が漏れているような音にも聞こえることがあります。また咬み合わせに不具合があるため、食べ物を上手にかみ切ることができず、繊維質の多い野菜が上手にかみ切れないといったケースも見られます。他の歯列不正よりも年齢を重ねることで生じるケースが多く、顎関節のズレや咬み癖などでこのような咬み合わせとなることが多く見られます。

開咬(前歯が開く)の治療期間

月に1度のご来院で治療期間は約1~2年半になります

開咬(前歯が開く)の治療例(Before&After)と解説

開咬矯正の治療例①

開咬(前歯が開く)の治療例

年齢・性別 10代女性
矯正治療期間 1年10ヶ月
抜歯の有無 上下の左右1本ずつ
治療費 95万(税別)
リスク・注意点 ・治療後に保定装置を使用しないと、後戻りするリスクがある
・歯の移動に伴う痛み
・施術中の咬み合わせの違和感など
備考 出っ歯気味の開咬症例

中学生の女性です。前歯が出ている、前歯で咬みづらいとのことで来院されました。治療方針として口元の突出を認めたため、前歯を後ろに下げ、口元を下げるために上下左右の歯を1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。親御様は歯を抜くことに抵抗がありましたが、似たような患者様の治療例などをお見せして納得して頂いた上で治療を開始いたしました。治療開始前は前歯の上下左右3本は全く咬み合っていない状態で、奥歯にのみ力の負担がかかってしまっています。歯の本数は減りましたが咬む面積は増加し、咬む力を全体的に負担できるようになりました。本人からも前歯で食べ物が咬み切れるようになったと言ってもらいました。治療期間も比較的短く、無事治療終了することができました。

千葉県柏市で開咬(前歯が開く)の矯正治療は当院へ

開咬(前歯が開く)の矯正治療

柏KT矯正歯科では、日本矯正歯科学会の認定医が開咬(前歯が開く)の矯正治療を担当致します。まずは歯並び無料相談・セカンドオピニオンも実施しておりますので、千葉県柏市で開咬(前歯が開く)治療を受診する矯正歯科をお考えの方は、お気軽にご連絡ください。無料相談ではお口の5箇所からの写真撮影、レントゲン撮影、動画シミュレーションによる歯並びが治っていく様子の確認、さらにあなたに適している装置の選択肢や開咬(前歯が開く)の矯正治療の治療費や治療期間、分割払いに関してなどについてもお話しも致します。ここまですべて無料の範囲内でご提供しております。皆様のご来院お待ちしております。

トップへ戻る