理想的な咬合関係|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

理想的な咬合関係

投稿日:2020年10月6日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

不正咬合についていろいろとお話してきましたが

正常咬合とはどういうものなのかを改めてお話したいと思います。

 

正常な歯並びとは1歯対2歯の咬合関係をしています。

なぜ1歯対2歯なのかというと

以前にもお話したと思いますが、

人の咬合力というのは体重ほどの力がかかるため

それを分散させ1歯に掛かる負担を減らすことができるからです。

 

正常咬合と一口に言っても

それを成立させる条件にはいくつかあり

・歯の大きさや形態の調和が取れていること

・顎の骨の大きさと歯の大きさのバランスが取れていること

・顎の骨や顎関節の正常な成長や機能ができていること

・口腔周囲筋の正常な成長や機能ができていること

などが大切です。これも以前にお話したと思いますが

歯列弓を帯状に取り囲む口輪筋、頬筋、上咽頭収縮筋が

内側からの舌に拮抗して歯列・咬合の保持に関与しています。

 

また、これらの要素は個人差によっても左右されます(個性正常咬合)。

心配なことなどはお気軽にご相談ください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る