歯科矯正のリスク・注意点|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

歯科矯正のリスク・注意点

矯正歯科治療中のトラブルやリスクとは

矯正歯科治療中のトラブルやリスク

矯正治療を適切に進めるためには、患者様のご協力とご理解も重要です。矯正治療にはその過程においてトラブルも起こりうること、またリスクや限界についてご理解をいただいた上で治療に臨んで頂くことにより、結果として理想的な歯並びの形成ができるようになります。

歯の痛み

境地量を行ってから1週間程度は装置の違和感から歯の痛みを感じることもありますが、この痛みは歯が動いていく際の反応ですので、ご心配はいりません。痛みの程度によっては鎮痛剤を服用して頂くことになりますが、このような痛みは時間の経過により弱く、そしてなくなっていきます。長期的に痛みを感じる際にはご相談頂ければと思います。

虫歯や歯周病など

矯正治療中は間食を避けて頂き、食事の後には必ず歯磨きをお願いします。矯正治療中に虫歯や歯周病が確認された際には、装置を取り外して矯正を中断し、虫歯や歯周病の治療を優先する必要があります。矯正治療をスムーズに行っていくためにも、お口の中を清潔に保つようにして下さい。

口内炎

頬や唇、舌などに口内炎ができることがありますが、塗り薬やワックスをお渡し致しますので、こちらにて対処をお願いします。薬やワックスが足らない、または口内炎の症状が改善されない場合にはご相談頂ければと思います。

発音障害

裏側矯正や矯正床などを装着すると、サ行やタ行などの発音が難しくなりますが、少しずつ慣れていくことができますので、ご安心下さい。

歯肉退縮、ブラックトライアングル

歯茎が下がってしまっている際には、矯正によりさらに歯茎が下がってしまうこともあります。歯の形状に影響されることとなりますが、この状態で適切な歯並びとなると歯間や歯茎との間に三角形の隙間であるブラックトライアングルができてしまうこともあります。

歯髄炎

矯正治療中に歯の神経が過敏になり、染みるような痛みを感じることもあります。数日間で治まる痛みですが、強い痛みが長く続く際にはご相談頂ければと思います。

歯根吸収

矯正治療中に歯根が短くなってしまうことがあります。歯周病の疑いがある場合には歯の寿命に悪い影響が心配されますので、矯正を中断して歯周病治療をおすすめ致します。

顎関節症

治療過程で口を開く時に痛みが出たり、頭痛や耳鳴りなどが起こることがあります。矯正治療が顎関節症に影響することはないとされていますので、肩こりや姿勢などが原因となっていると考えられますが、この点についてもお気軽にご相談頂ければと思います。

顎の外科処置

適切な治療が難しい場合、矯正治療だけでは対処することができなくなりますので、そのような際には外科的な方法を行っていくこともあります。口腔外科専任の医師に対応を依頼します。

抜歯について

当院では矯正治療において抜歯はできる限り会議する治療方法をとっていますが、どうしても歯と顎のサイズなどが適合できない場合には抜歯を伴う矯正治療をご提案させて頂くこともあります。抜歯の際にはトラブルのある歯を優先して選択するようにしていますが、健康な歯を選択せざるを得ないこともあります。

後戻り

矯正後の歯は元の場所に戻ろうとする作用が働きますので、矯正装置での治療が完了したらリテーナーを使用して後戻りを抑制していきます。このリテーナーは適切な歯並びを維持していくために重要な装置となっておりますので、使用方法や期間について装着時にわかりやすくご説明をさせて頂きます。

不定愁訴

矯正治療中には、頭痛や肩こり、さらに倦怠感や吐き気などの不定愁訴が確認できる場合があります。そのような際には症状を抑えるお薬をお渡し致します。

千葉県柏市で矯正治療をご検討の際には柏KT矯正歯科へ

矯正治療をご検討の際には

千葉県柏市でで、歯並びに関する悩みを持っておられる方は、ぜひ当院にご相談ください。矯正治療に対する不安があれば何でもおっしゃってください。解決のためにできること、治療の選択肢など詳しくご説明させていただきます。無料カウンセリングもございますので、まずはお気軽にご連絡ください。

トップへ戻る