矯正治療における抜歯の考え方|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

矯正治療における抜歯の考え方

投稿日:2020年8月21日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

今日は矯正治療で行われる抜歯についてお話します。

 

矯正治療では抜歯を必要とすることがあります。

もちろんすべての患者様で必要になる処置ではありません。

歯が並ぶスペースが足りなくて歯が並びきれないときに行われることがあります。

スペースが足りないのに無理に並べようとすると

・口元が出てしまう

・唇が閉じなくなってしまう(口唇閉鎖不全といいます)

などの障害が出てきてしまいます。

こうなってしまうと審美的にも健康面でもよくありません。

また、これらを改善するために抜歯して再度矯正治療をするとまた長い期間がかかってしまいます。

 

当院ではまず抜歯の必要性をしっかりと考え、患者さんの意見を大切にしながら治療計画を立てていきます。

なるべく歯を抜かないように様々な方法で治療を考えていきます。

それでも抜歯を必要とする際は歯の将来性も考え抜歯する歯を決めます。

例えば、以前虫歯になって歯の神経を抜いてしまった歯は神経のある健康な歯より脆くなってしまいます。

ですので抜歯が必要だと判断した場合はそのような歯を抜くことを検討します。

また、口腔内に萠出していない親知らずのような歯の活用も考えます。

矯正はしたくても「矯正治療は歯を抜くのが嫌だな」とお考えの方も

当院で矯正の相談をしてみてはいかがでしょうか。なるべく歯を抜かない矯正を行っています。

 

トップへ戻る