どうして八重歯になるの?|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

どうして八重歯になるの?

投稿日:2020年9月5日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

現代人は昔の人に比べ顎が小さく歯がきれいに並ばないことも多く見られます。

その中でもよくみられる不正咬合のひとつに”八重歯”があります。

前から3番めに生える歯である犬歯が

他の歯と並ばず外側に生えている状態が”八重歯”と呼ばれる状態です。

犬歯は親知らずを除いて永久歯の中で最後に生えてきます。

歯が生えるスペースが十分にないと犬歯は生える場所がなくなってしまうので

他の歯と違う位置に無理やり出てきて”八重歯”になってしまうんです。

 

八重歯だと見た目が気になるということが多いと思いますが、

歯磨きもしづらくなってしまいお口の健康を保つ上でよくありません。

また、犬歯は咬合においてとても大切な役割をしています。

八重歯はできる限り矯正治療で治し、犬歯としての大事な役割を果たしてもらいましょう。

 

 

トップへ戻る