金属アレルギーと矯正治療、マウスピース型矯正装置|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

金属アレルギーと矯正治療、マウスピース型矯正装置

投稿日:2021年3月5日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

柏駅から徒歩1分にある柏KT矯正歯科です。

 

金属アレルギーがあると矯正治療ができないのかなぁ

とお考えの方もいるのではないでしょうか。

従来の金属のワイヤーとブラケットでは

アレルギーの金属の種類によっては

治療が難しい場合もありましたが

今はマウスピース矯正ができるので金属アレルギーがある方も

矯正治療が可能です。

 

金属アレルギーとは?

本来人の体には外から入ってきたウイルスや細菌などの異物や敵をやつける

免疫機能が備わっていますが、

その機能が過剰に反応してしまっている状態がアレルギー反応です。

金属アレルギーは金属のイオンが溶け出し体のタンパクに包まれ

それを異物だと捉え体が反応している状態です。

 

金属アレルギーの症状は主に皮膚のかゆみや発疹です。

金属そのものに反応して引き起こされるわけではなく

金属が溶け出しイオンとなることで引き起こされます。

金属イオンは血流にのって運ばれていくので

金属と触れている肌の表面に症状が出るとは限らず

原因金属と離れた場所に症状が出ることもあります。

 

金属には溶けだしやすいもの溶け出しにくいものがあり

溶けだしやすい金属

ニッケル、コバルト、クロムなどの金属がアレルギーとなりやすい金属です。

また、金属アレルギーは自己判断できるものではありませんので

心あたりがある人は皮膚科で検査を受けるようにしましょう。

皮膚科ではパッチテストという検査が行われ

どの金属にアレルギー反応が起きるのか

原因金属を特定してくれます。

 

マウスピース型矯正装置は金属アレルギーでもできる矯正治療です 

従来の矯正ワイヤーにはニッケルが使われています。

アレルギーになりにくいチタンのワイヤーなどを使うこともありますが

人によってアレルギーを起こす金属は違うので万能というわけではありません。

しかし、マウスピース型矯正装置では一切金属は使いません。

当院で扱っているインビザライン®のマウスピースは

スポンジや洋服にも使われているポリウレタンでできています。

 

マウスピース型矯正装置による矯正治療の特徴は以前にもお話ししましたが

より多くの患者様の治療に適応できるようになったと思います。

 

当院ではワイヤー矯正だけでなく

マウスピース型矯正装置による治療も行っておりますので

患者様に適した装置で矯正治療が進められます。

アレルギーがあるから、、、とあきらめていた方も

ぜひ一度ご相談ください。

トップへ戻る