矯正治療後の補綴物について|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

矯正治療後の補綴物について

投稿日:2019年4月24日

カテゴリ:スタッフブログ

柏KT矯正歯科のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は補綴物(被せもの)についてです。

虫歯の治療で銀歯を入れる方は多いと思います。もちろん銀歯のまま矯正治療を行うことができますが、歯並びがきれいになってくると逆に銀歯が目立ち気になるという方もいらっしゃいます。その場合、銀歯をセラミックなどの白い被せものに変えることで目立たなくさせることも可能です!

ただし、インビザラインで治療されている方に関して、治療中に被せものを変えてしまうとマウスピースが合わなくなってしまうため、マウスピースごと作り直す必要がでてきてしまい、治療が長引いてしまうことがあります。急性症状がないかぎり、今の被せもので矯正治療を終わらせ、その後白いものに変更することをお勧めします。

矯正治療の無料相談では、そういった細かなことまで相談させていただきますので、ぜひ気になれば予約を入れてみてください。

トップへ戻る