歯科矯正でブサイクになる?ならない?原因と気をつけるべき点|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

歯科矯正でブサイクになる?ならない?原因と気をつけるべき点

投稿日:2021年12月24日

カテゴリ:エミニナル矯正

歯並びに悩まれて、歯科矯正を検討しているという人も少なくありません。しかし、歯科矯正について調べていくうちに、歯科矯正でブサイクになってしまったという情報に目にすることも……。

この記事では、歯科矯正でブサイクになってしまうケースの原因とともに、歯科矯正で失敗しないために気をつけるべきポイントを解説します。

 

歯列矯正でブサイクになるって本当?

歯科矯正には様々な方法があります。また、悩まれている患者さんの症状により治療期間も処置も異なります。歯科矯正をする目的である歯の移動は、身体にとっても変化をもたらします。

その過程においては、痛みや普段とは異なる状況がもたらされることも少なくありません。したがって、歯科矯正治療中にこれまでと表情が異なるように見えてしまうこともあります。次に、歯科矯正を行うことで考えられるリスクを上げていきます。

歯科矯正で起こるリスクをご紹介

歯科矯正は、これまでコンプレックスだった見た目や噛み合わせなどの悩みが解消される一方、リスクも伴います。歯科矯正で生じる可能性がある症状をご紹介します。

ほうれい線が目立つ

まず、ほうれい線が目立つということが挙げられます。ほうれい線は加齢とともに生じることが多く、原因としては皮膚のコラーゲンの減少や顔の筋肉の衰え、脂肪組織の減少などが考えられます。

とくに出っ歯や上顎が前に出ていることが悩みで矯正を始められている場合は、歯科矯正を行うことにより、口元が引っ込むため、ほうれい線の溝が深く見えてしまうことがあります。

頬がこける

続いて挙げられるのが、頬がこけたように見えてしまう状態です。歯科矯正を行うと、歯が正しい位置になり、出っ張っていた部分が後退するなどの改善が見られます。すると、これまでとは頬の肉が落ち、痩せた印象を与えることもあります。

また、ワイヤーやブラケットを使った矯正ですと、ワイヤーの調整時に痛みや不快感を感じることも多く、痛みなどから食欲の減退が生じることがあります。慣れるまでに時間がかかったり、噛まずに済む食べ物を多く好むと顔の筋肉が衰え、頬がこけることにもつながります。

歯周病・虫歯ができる

次に挙げられるのは、歯周病や虫歯のリスクです。ワイヤーやブラケットを使った歯科矯正ですと、つねに矯正装置をつけたままの状態となります。すると、食事中に食べ物が詰まりやすかったり、ブラッシング時にも清掃しきれない可能性があります。

食べカスや歯垢が取りきれないことにより、虫歯や歯周病を招いてしまい、治療が優先されることで治療期間が長引くことにもつながりかねません。

顎関節症になる

そして最後に、顎関節症のリスクです。顎関節症には、口の開けづらさや、開口時に顎が鳴る、痛みを感じるなどの症状があります。

歯科矯正を行うことにより、噛み合わせのバランスに変化が生じ、顎に負担がかかることで顎関節症を発症することが稀にあります。

顎関節症の原因は歯科矯正だけでないことも様々です。姿勢や日々の習慣などが複合的な要因となり発症していることも考えられます。しかし、歯科矯正を行ったことで顎関節症が発症した場合、矯正自体が引き金となっている可能性も強いと言えます。

 

顔に変化が出る歯科矯正治療とは?

歯科矯正にはいくつかの方法があります。顔が不細工になってしまったと感じるような歯科矯正にはどのようなものがあるのでしょうか。

抜歯を行う歯科矯正

歯科矯正を行う際に、歯の移動を起こすのに不十分なスペースというケースがあります。その場合、抜歯を行い歯を移動させるに十分な空間を確保することになります。

抜歯を伴う歯科矯正には、痛みや腫れを伴うことも少なくありません。抜歯を行った直後は腫れることもあり、その表情を見て歯科矯正で不細工になってしまったと感じられる人はいます。

外科処置を行う歯科矯正

続いて、外科的な処置を伴う歯科矯正においても、顔の表情に変化が生じます。ワイヤーやマウスピースなど矯正装置だけでは歯の移動が難しい場合に外科的な処置が講じられます。顎の骨を削るなどの外科的な処置が必要な場合や、口腔内の処置にとどまらないケースですと、矯正以外の治療も必要となります。

このようなダイナミックな変化を生じる処置では、顔の腫れやダウンタイムの長さから顔の変化を感じます。

 

歯列矯正で失敗しないために。歯医者選びで気をつけるポイントとは?

では、歯科矯正を行い顔が不細工になってしまったや、変化が大きいと感じないために、歯医者選びで気をつけることは何なのか見ていきましょう。

急なトラブルでも随時相談ができる歯医者

歯科矯正は処置中や直後に変化を感じられなくても、麻酔が切れてからや、数時間経ってからなど時間経過によって変化が生じることも少なくありません。とくに、表情に変化があると不安を感じてしまいます。

急な変化があってもすぐに相談できたり、次の予約の前であっても診察してもらえるなど随時相談ができる歯科医師はおすすめです。

検査・治療が丁寧な歯医者

次に、歯科矯正は決して短くない期間と安くはない費用をかけて行います、初回の診断から途中過程、そして最終結果まで責任をもって診療にあたってくれる歯科医師選びは重要です。

初回の診断やヒアリングを丁寧に行い、治療計画の共有や、都度状況について説明してくれる歯科医師には信頼が寄せられます。

矯正ドクターがいる歯医者

歯科医師と一言でいっても、歯科医師免許さえあれば矯正治療は可能です。矯正に経験が乏しい医師でも矯正を行っている歯科医院はあります。一生ものとなる歯の治療を任せる医師選びには、矯正を専門的に学び、治療経験も豊富な歯科医師(矯正ドクター)であったり、歯科矯正専門医学会が認定している専門医を選ぶようにするのがおすすめです。

歯科矯正を行うことによって不細工になってしまったと感じられる患者さんもいます。外科的な処置や一時的なものであることが少なくありません。しかし、矯正期間中も納得のいく治療を続けていくために、信頼のおける歯科医師選びをしましょう。

 

100%矯正ドクターが担当のマウスピース矯正なら「エミニナル矯正」

月2万円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ"矯正ドクター"が100%担当する仕組みを作りました。

エミニナル矯正の初回診断では、"矯正ドクター"があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

 

\ 矯正ドクターによる初回診断500円!/ 

今すぐ初回診断を予約する

 

サービス名 エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度) 13〜47万円 ※自由診療
初回診断 500円

※初月2.2万円(税込)から ※矯正ドクター:矯正治療を専門とした歯科医師

 

(エミニナル矯正)

トップへ戻る