大人の歯列矯正は危険?リスクやデメリット、矯正歯科を選ぶポイント|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

大人の歯列矯正は危険?リスクやデメリット、矯正歯科を選ぶポイント

投稿日:2022年1月21日

カテゴリ:エミニナル矯正

きれいでかわいい印象、あどけない印象だった芸能人が、気がつけば美人になっているということがありませんか?昔と比べるとメイクや眉、ダイエットなどと並んで、表情に変化を感じる大きな要因として「歯並び」が多いのではないでしょうか?

八重歯がチャームポイントだったアイドル、歯が少しガタガタしていたモデルかわいかったあの人が、きれいで美人な印象に変わったのは「歯並び」が人の印象を大きく変えるからかもしれません。

また、社会人になって金銭的にゆとりができたり、子育てがひと段落してから、これまで悩んでいた歯並びを矯正治療で改善したいと思う人は少なくありません。しかし、歯科矯正というと子どもや若い人がやるものというイメージもあり、大人で歯科矯正すると危険なのではと不安に思われるかもしれません。

この記事では、大人になってから始める歯科矯正のリスクやデメリットと共に、矯正歯科選びのポイントをご紹介します。


危険はある?大人でも歯列矯正できる条件や始める時期とタイミング

歯科矯正を検討していると、どのような痛みがあるのか、期間や費用はどれくらいかかるのかなど、不安は尽きません。特に大人の歯科矯正となると、長年悩みの歯並びが本当に治療できるのかと疑問にも思う方もいらっしゃるかもしれません。

結論、歯科矯正は大人であっても治療を始めることができ、何歳になっても歯の移動は起こすことが可能です。ここからは、歯科矯正をする上で治療ができる条件をご紹介していきます。

■始める時期:口腔内が健康であれば、何歳でも治療可能

歯科矯正は幼少期に永久歯が生える前に行う小児矯正と、10代以降に永久歯が生えそろってから始める矯正の2パターンあります。

若い時に始めた矯正治療は、歯の移動を起こしやすく、治療計画も仕事などの都合に左右されずに立てやすいのも事実ではあります。しかし、健康な口腔内であれば何歳になっても歯科矯正は始められます。歯の矯正というと、見た目でわかる歯だけの治療のように思われるかもしれませんが、実際は歯の根元にある骨に働きかけて理想の位置に動かしていきます。

虫歯や歯周病などがなく、健康な口腔内であれば歯の移動が可能なため、歯と周囲の組織が健康と見なされれば矯正することができます。

■歯周病や虫歯がある場合が治療が優先される

もし、歯科矯正を始めたいのに虫歯や歯周病などのトラブルがある場合は、これらの治療が優先されます。先ほどご紹介した通り、健康な口腔内でないと歯科矯正はできません。矯正装置をつけるにしても虫歯が悪化してしまうリスクや、歯周病など組織に問題がある場合は、十分な歯の移動が生じない可能性が高いからです。

これらの問題があっても、治療後に健康な状態になれば歯科矯正は可能ですので、諦めずに口腔内全体の改善だと思って向き合いましょう。

 

大人の歯列矯正の危険性やリスク、デメリットって?

では次に、大人になってから歯科矯正で考えられる危険性やリスクについてご説明します。あくまで可能性として考えられることですが、治療を検討する際に事前に知っておきましょう。

■歯の痛み

歯科矯正はどのような方法であっても、歯を移動させるための多少の負荷はかかります。大きな痛みではないにせよ、微力をかけ続けることで歯を数ミリ動かすという方法なので、ワイヤーの調整時やマウスピースの交換時などには歯に痛みを感じることもあります。

■口内炎や潰瘍

ワイヤーとブラケットを使った歯科矯正は特に、常に矯正装置がつけたままの状態が続きます。装置が当たる部分に口内炎ができてしまったり、潰瘍ができるケースもあります。

歯の表面につける矯正の場合頬の内側や、下唇などにできやすく、歯の裏側矯正の場合は舌に口内炎ができやすいです。矯正時には接触から口腔内を守るためのワックスなどが処方されるところもあります。

■歯肉退縮

歯科矯正は、歯の根元にある骨に働きかけて歯の移動を起こします。その際にかける力が大きすぎたり、骨の許容量を超えて空間ができてしまった場合などに歯肉が下がってしまうことがあります。

歯に大きな力をかけてしまうことで、歯根吸収が加速し歯の根元が以前より見えてしまうことになるのです。

■歯根吸収や歯髄壊死

歯肉退出と同様に、歯にかかる力が大きすぎたり許容量を超えると、歯根吸収や歯髄の壊死が生じることもあります。歯の根っこの部分が短くなってしまったり、歯の神経が死んでしまうことも無理な治療計画などによって引き起こされます。

■アレルギー(ワイヤー矯正の場合)

歯科矯正には、おもにワイヤーとブラケットを使う方法と、マウスピースを使う矯正があります。

ワイヤーを使う矯正では、金属製のワイヤーを使用することが多くアレルギーとなることも考えられます。治療中にアレルギーになってしまった場合は、非金属製の矯正装置や方法に変更します。

■むし歯や歯周病

矯正中には清掃性が悪化することなどから、むし歯や歯周病になることもあります。とくにワイヤーとブラケットを使った矯正の場合、自分では取り外しができずにつけっ放しの状態が続きます。

これまで通りのブラッシングでは歯垢や食べかすが取りきれずに虫歯や歯周病を招いてしまうことがあります。

■不定愁訴

歯科矯正を始めてから、頭痛や腰痛などの身体の不調が出るようになったという人もいます。これまでの噛み合わせとは異なる状態や、治療の痛みから十分な咀嚼ができないなどが原因となり、身体の筋肉やバランスにも影響が出てきます。

こうした負荷がかかることが増えると、頭痛や腰痛といった不定愁訴につながります。

■顎関節症

顎関節症とは、顎の痛みや開口時に顎の骨が鳴るなどの違和感が生じる症状です。歯科矯正を行うことで、噛み合わせにズレが生じてしまい顎に負荷がかかることなどが原因となり生じます。

大人の歯科矯正のメリットは?

次に、大人になってから始める歯科矯正のメリットをご紹介します。

1.見た目の改善

矯正を始める人の主訴としても多い見た目の改善は、歯科矯正によって可能です。

これまで歯並びに自信がもてず、会話や笑顔をためらっていたという人も、歯並びが良くなることでコミュニケーションにも積極的になれるということがあります。また、歯並びの改善により自信がもてるようになるという人もいます。

2.健康につながる

歯並びの改善は、見た目だけでなく全身の健康にも深く関わっています。歯並びが良くなることで、歯の清掃性が上がり虫歯や歯周病などのリスクが下げられます。

また、噛み合わせの改善により、食べ物の咀嚼がしっかり行われることで、胃腸への負担も軽くなる可能性もあります。

3.治療のモチベーションが維持しやすい

そして最後に、小児矯正と異なる最大の点として治療に対するモチベーションが維持しやすいことが挙げられます。

大人になってからの矯正は自分の悩みを解消したいという思いから始めることが多いため、治療へ臨む姿勢も家でのメンテナンスも積極的に行うことができます。

また、学生と異なりテストや学校のイベントなどに左右されることがないため、通院の計画も立てやすい点がメリットです。

 

私は歯並びってどうなの?歯並びが悪い状態とは?

続いて、歯科矯正に興味があるけれど自分の歯並びは客観的に見て悪いのか気になるという人もいることと思います。歯並びが悪い状態には個人差もありますが、おもに次のような状態を指します。

・出っ歯(上顎前突)…歯が前に出ている状態

・すきっ歯(空隙歯列)…前歯の歯と歯の間に空間がある状態

・叢生(そうせい)…歯並びがガタガタの状態

・口ゴボ(上下顎前突)…口が閉じづらかったり、口元だけが前に出ているような状態

・過蓋咬合(かがいこうごう)…噛み合わせが深い状態

・交叉咬合(こうさこうごう)…上下の歯が交叉して噛み合っている状態

・開咬(かいこう)…口が閉じづらく開けっ放しの状態

・受け口(下顎前突)…骨格の形状により、下の顎が前に出てしまっている状態

 

歯並びの状態から選ぶ、歯科矯正の種類と費用は?

続いて、歯並びの状態別に歯科矯正の種類と費用を簡単にご説明します。歯科矯正といっても複数の選択肢があります。自分の症状や治療に対する希望に合う方法を選ぶようにしましょう。

 

■ 奥歯を含む全体的に歯並びが悪い

全体的な矯正を必要とする場合、ワイヤーとブラケットを使った矯正のほか、マウスピース矯正によって治療が可能です。ワイヤー矯正は歯の表面と裏側につける矯正があります。

 

全体矯正で行う、ワイヤー矯正の費用

費用はワイヤー矯正の表面で約60~100万円、裏側で約100~150万円です。さまざまな症状に対応できるのも特徴です。

全体矯正で行う、マウスピース矯正の費用

マウスピース矯正の場合、費用は約80~100万円です。マウスピースは目立ちにくく痛みや違和感も少ないことがメリットですが、重度の叢生など対応できないケースもあります。

 

■ 前歯だけなどの部分的な矯正

次に、奥歯や噛み合わせはそこまで悪くなく、前歯だけを矯正したいという人は部分矯正が可能です。ワイヤー、マウスピースともに部分矯正ができ、費用は以下のとおりです。

部分矯正で行う、ワイヤー矯正の費用

ワイヤー矯正(表面)の場合、約8~45万円、裏面の場合、約16~55万円です。

部分矯正で行う、マウスピース矯正の費用

マウスピースを使った部分矯正の場合は、約10~70万円が相場です。

 

大人の歯列矯正治療で矯正歯科を選ぶポイント

ここまでで歯科矯正の様々なリスクをご紹介しましたが、これらは事前の医師からの説明や、無理な治療計画でないことで軽減することが可能です。信頼の寄せられる歯科選びをする上で、知っておきたいポイントをご紹介します。

■症例が多い

まずは、矯正の症例が多いクリニックを選ぶことがおすすめです。歯科矯正は歯科医師の資格があれば可能なため、矯正の実績が少なくても治療自体は可能です。

しかし、リスクやトラブルが発生した時に経験が少ないと対応できなかったり、思うように治療ゴールにたどり着けないということも考えられます。自分と症状が近い患者さん多い、自分に当てはまる症例が豊富な歯科医院を選ぶようにしましょう。

■検査がしっかりしている

歯科矯正を行う上で、検査はかなり重要です。歯の見えない部分まで状態をよく診察し、歯がどのように動いていくのかを予測をする必要があります。無理な治療計画は、歯根吸収や歯肉退出といったトラブルにもつながりかねません。

また、歯並びの悪さが骨格など先天的な理由なのか、後天的な理由(頬杖や口呼吸などの癖)によるのかといったヒアリングがされているかも重要です。骨の状態に加えて、普段の癖や習慣といった面も丁寧に聞いた上で治療計画を立ててくれる歯科を選ぶようにしましょう。

■症状に合った治療法を提案してくれる

歯の動き方は症状によって個人差があります。一概にこの期間で終了できるとは断言できません。

症状をよく見てワイヤー矯正が適しているのかマウスピースで可能なのか、また全顎矯正か部分矯正かなど症状にあった矯正方法を提案し、それぞれのメリットやデメリットも説明してくれる医院がおすすめです。

■矯正治療を専門とした医師が在籍している

歯科矯正は歯科医師の免許があれば可能です。しかし、専門的に学んでいなかったり症例数が少ない歯科医師ですと思うような結果にならなかったり、リスクが発生することが考えられます。専門機関でトレーニングを受け各種認定を取得した医師や、矯正治療の経験豊富な歯科医師がおすすめです。

大人の歯科矯正にはリスクもありますが、何歳になっても健康な口腔内であれば歯科矯正は可能です。これまで悩まされてきた歯並びを改善することは、その後の人生にとっても大きなメリットがもたらされますので、まずは信頼のおける歯科医院選びを検討してみてはいかがでしょうか。

歯科矯正を行うための流れは?

続いて、歯科矯正を検討したら知っておきたい矯正開始までの流れをご説明します。

1.情報収集

まずはどんな医院があるのか、それぞれのクリニックごとに扱う治療方法や料金、支払い方法などは異なります。医師においても矯正の認定医がいるかどうかなどチェックしてみましょう。

2.問い合わせ・相談

クリニックの候補が出たら問い合わせをしてみましょう。歯並びに関する悩みや、矯正を検討していることなどを伝えてみましょう。

3.初回診断(精密検査)

相談とともに行われるクリニックもあります。矯正する医院が決まったら最初に矯正に適応可能かどうか口腔内を精密に検査します。歯の見えている部分だけでなく、エックス線撮影なども行い、歯の根元の部分や形状、歯肉の状態などを細かく見てもらいます。

4.前処置(抜歯・IPR等)

矯正が決まったらすぐに矯正できる人もいますが、虫歯など歯に問題が発見されたら、まずは治療が優先されます。

5.矯正開始

口腔内の環境が整ったら、いよいよ矯正開始です。矯正方法によっても異なりますが、数週間から1ヶ月に1回ほど矯正装置を調整したり取り替えていきます。

6.保定

矯正が終了しても、矯正したての歯は動きやすく後戻りの可能性があります。せっかく動かした歯の後戻りを防ぐためにも、リテーナーという装置をつけて保定を行います。

 

大人の歯科矯正ならマウスピース矯正の「エミニナル矯正」

月2万円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ"矯正ドクター"が100%担当する仕組みを作りました。

エミニナル矯正の初回診断では、"矯正ドクター"があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

 

\ 矯正ドクターによる初回診断500円!/ 

今すぐ初回診断を予約する

 

サービス名 エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度) 13〜47万円 ※自由診療
初回診断 500円

※初月2.2万円(税込)から ※矯正ドクター:矯正治療を専門とした歯科医師

 

(エミニナル矯正)

トップへ戻る