歯科矯正で口元が下がるって本当?理想の口元になるためのポイント|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

歯科矯正で口元が下がるって本当?理想の口元になるためのポイント

投稿日:2022年1月21日

カテゴリ:エミニナル矯正

歯科矯正を行うことで、これまで悩んでいた歯並びの改善が実現できます。しかし、期待通りにいかないばかりか、予想以上に口元が下がってしまったというケースもあります。

この記事では、歯科矯正によって口元が下がりすぎてしまう原因とともに、理想の口元になるために注意したいポイントをご説明します。


 

歯列矯正で口元が下がりすぎてしまう原因とは?

歯科矯正を行う理由は人それぞれです。主な悩みとして挙げられるのが、出っ歯や口ゴボなど歯並びが原因で、顔の中でも口元あたりが目立ってしまうという症状です。歯科矯正をすることによって、こうした症状は改善できますが、思った以上に口元が下がった仕上がりになることもあります。

以下に、口元が下がりすぎてしまう原因を挙げていきます。

■必要のない抜歯を行う

歯科矯正において抜歯を伴う処置を講じることがあります。しかし、これは歯を理想の位置に移動させるのに不十分なスペースである場合がほとんどです。

しかし、十分な検査やシミュレーション等を実施せずに抜歯を行った結果、歯が下がりすぎてしまい口元が過度に引っ込んだ仕上がりになることがあります。

■Eラインを考慮せずに治療する

歯科矯正をする理由として多く挙げられるのが、表情や見た目の改善です。とくに、Eラインと呼ばれる鼻の先から顎の先を結んだラインを意識する方は少なくありません。

美しいEラインは、口元がやや下がっている状態を指すのですが、矯正治療においてEラインを意識せずに口元、歯並びだけにフォーカスして行われてしまうと、納得の結果にたどりつかない可能性があります。

 

歯列矯正で口元が下がりすぎることで起こるデメリット

では、歯科矯正を行って口元が下がりすぎてしまった結果、どのようなことが起きるのでしょうか。デメリットをご説明します。

■人中が長く見える

口元が下がりすぎると、正面から見た場合に鼻の下(人中)のラインが長く見えてしまい、面長の印象を与えかねません。歯の移動に十分なスペースがなかった場合などに、口元全体が下がることでこのような事態が招かれます。

■ほうれい線が濃くなる

歯科矯正前は口元が前に出ていたためにほうれい線が目立ちにくかった人も、矯正を行い口元が下がることで、ほうれい線が深くなったように感じられることがあります。

加齢とともに口周りの皮膚は薄くなり筋肉も衰えてきます。矯正を行ってから気になる年齢にさしかかった頃に余計顕著に感じるということもあります。

 

【口元の下がりすぎないために】注意すべき4つのポイント

歯科矯正を行って口元が下がりすぎてしまったという事態を避けるために、注意すべきポイントを見ていきましょう。


 

1. 事前に精密検査を受ける

歯科矯正を行う前には、初回診断と治療計画の説明があります。しかし、初めての診断でエックス線の撮影や骨の状態、日頃の習慣などを含めた精密な検査とヒアリングが行われないところは注意が必要です。

矯正は歯を移動させる手段ではありますが、歯茎の中にまで深く生えている根元部分から変化を生じる処置です。見えている部分だけでなく総合的に判断し、治療を行っていく必要があります。

2. Eラインを理解する

先述の通り、矯正をする上ではEラインを意識すると、仕上がりのイメージを歯科医師とも共有しやすいといえます。鼻の先と顎の先を結んだラインにおいて、口元がやや引っ込んでいる状態ですが、Eラインは鼻の高さや顎の大きさなど人によって様々です。

歯以外の部分の形状までも矯正によって変えることはできません。歯科矯正はあくまで出っ歯など噛み合わせを正しくし、清掃性の改善や出っ歯など見た目や機能面における改善を目指す治療方法ということを理解して治療に臨みましょう。

3. セカンドオピニオン

矯正治療を行う場合、信頼のおける歯科医師を選びたいところです。親身になって相談に乗ってくれていると、すぐにでも治療を開始したくなってしまいます。

しかし、納得のいく説明もなく抜歯を推奨してくるなど、少しでも疑問の残る治療説明や治療計画であれば、他院にてセカンドオピニオンを求めることをおすすめします。

4. 矯正歯科医がいる歯医者を選ぶ

最後に、歯科矯正を専門に学び実績のある歯科医師が在籍するクリニック選びがおすすめです。歯科矯正は歯科医師の資格があれば専門のラインセンスなどはとくに必要ありません。だからこそ、素人にはなかなか信頼がおけるかどうかなどわかりづらいものです。

そこで、日本歯科矯正専門医学会が認定している医師や同学会で学んだ医師であるかどうかは指標の一つになります。また、矯正治療の経験が豊富かどうかというのもチェックするポイントになります。

歯科矯正を行うことで口元が下がりすぎてしまう現象は、不要な抜歯や過度な治療イメージ、加齢など様々な要因があることがわかりました。期待外れの結果とならないためにも、信頼のおける歯科医師を選び、治療ゴールをすり合わせていきましょう。

100%矯正歯科医が担当で安心のマウスピース矯正「エミニナル矯正」

月2万円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ"矯正ドクター"が100%担当する仕組みを作りました。

エミニナル矯正の初回診断では、"矯正ドクター"があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

 

\ 矯正ドクターによる初回診断500円!/ 

今すぐ初回診断を予約する

 

サービス名 エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度) 13〜47万円 ※自由診療
初回診断 500円

※初月2.2万円(税込)から ※矯正ドクター:矯正治療を専門とした歯科医師

 

(エミニナル矯正)

トップへ戻る