歯並びを治したい!ガタガタを歯科矯正で治すメリットとデメリット|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

歯並びを治したい!ガタガタを歯科矯正で治すメリットとデメリット

投稿日:2021年12月24日

カテゴリ:エミニナル矯正

綺麗に生え揃った歯は清潔感を与え、第一印象を良くしてくれるため、歯並びを治したい!と考えている人は少なくありません。歯並びが悪いことは健康上のリスクにもつながりかねませんので、できれば治しておきたいことの一つでしょう。

この記事では、ガタガタな歯並びを歯科矯正で治療する方法とともに、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

 

歯並びのガタガタ、その原因は?

歯並びがガタガタと言っても、原因は人それぞれです。歯科矯正では、はじめに患者さんにヒアリングを行い、ガタガタの歯並びの原因が遺伝など先天的なものなのか、日々の習慣によるものなのか探る必要があります。主な原因を挙げていきます。

■ 歯並びのガタガタは「叢生(そうせい)」という症状

歯並びが悪い状態を歯科用語では、「叢生(そうせい)」と言います。横から見て歯が凹凸のない状態ではなく、乱杭状態に生えてしまっている状態を指します。

叢生は、歯の大きさが異なっている、左右対象ではない、顎のスペースに対して歯の大きさがアンバランスなどが原因となり、生じてしまいます。

■ 先天的な原因

続いて、遺伝など先天的に歯がガタガタになることが原因として挙げられます。

両親またはいずれかの歯並びがガタガタだと子どもにも遺伝する可能性があります。とくに骨格などは遺伝的な要因が出ることも少なくありません。

■ 後天的な原因

先天的な原因ではなく、日頃の生活習慣や癖によって歯並びがガタガタになってしまうことも原因として挙げられます。頬杖をつく癖がある、同じ方の歯で食べ物を咀嚼する、口を開けていることが多いなど、無意識のうちに習慣化してしまっていることが原因として考えられます。

歯の機能や口腔周りの筋肉をバランス良く使えていないと、歯並びに影響が生じてきてしまいます。

ガタガタした歯並びのデメリット

ガタガタした歯並びは、見た目以外にもデメリットがあります。生涯の健康に関わることですので、知っておいて損はありません。1つ1つ、チェックしていきましょう。

■ 見た目が良くない

歯並びを治したいと来院する方の主訴としても多いのが、見た目です。会話時に口元は注目が集まる部位です。歯並びがガタガタだと、思いっきり笑いたいのに控えてしまったり、自分に自信がもてないということにもつながります。

■ 食べ物が歯に詰まりやすい

歯並びがガタガタだと、清掃性が悪く食べ物が歯に詰まりやすいということもあります。食事の度に歯が汚く見えてしまったり、会食が楽しめないという人もいます。食事のシーンは学生でも社会人であっても、一生参加する機会があります。

コミュニケーションや交友関係にも影響が及ぼす可能性さえあり、歯並びを治すことでこのような悩みも軽減することができます。

■ 虫歯・歯周病リスクの上昇

歯が重なり合っているガタガタ歯並びは、歯磨きで落としきれない汚れが溜まるリスクもあります。同じ箇所にばかり歯垢や食べかすが溜まっていくと、虫歯や歯周病の原因となります。とくに前歯は目立つ箇所ですので、虫歯治療を行ったり被せ物をすると、さらにガタガタ歯並びが目立つことになってしまいます。

また、歯周病は口腔内だけでなく全身の疾患に関わるという研究結果もあるほど、見逃せない症状です。可能な限り予防していくことが全身の健康にもつながります。

■ 胃腸に負担がかかりやすい

ガタガタ歯と胃腸の働きは一見無関係のように見えますが、密接に関わっています。というのも、歯がガタガタで噛みづらかったり、あまり咀嚼せずに飲み込んでいると、食べ物が大きいまま胃腸に送られ、結果的に消化の負担がかかり続けることになります。

すると、消化吸収がうまく行われずに便秘などのトラブルも招く可能性も出てきます。

■ 八重歯がある場合は、感染症の可能性も

犬歯がほかの歯よりも前突しているような八重歯の場合、口が閉じづらく、つねに口を開いた状態になりやすいです。

すると、口腔内が乾燥状態になり、感染症のリスクが高まってしまいます。

 

歯並びのガタガタを治す方法とは?

ガタガタの歯並びを放置すると、様々なデメリットがあることがわかりました。

では、治療方法にはどのようなものがあるのか、具体的な方法とともに、それぞれのメリット・デメリット、それぞれの費用もご説明します。

 

■ ワイヤー矯正(表側・裏側)

まずは、従来からあるワイヤーとブラケットという矯正装置を使った矯正方法です。こちらは、歯の表面または裏側(舌側)に矯正装置をつけることで歯を理想的な位置に移動させていくという方法です。


ワイヤー矯正のメリットとしては、次の点が挙げられます。

・適応可能な症例が幅広い
・費用の選択肢が広い
・歯の移動が起きやすい
・症例が豊富

一方のワイヤー矯正のデメリットは次の通りです。

・目立ちやすい
・清掃性が悪化することもある
・ワイヤー調整時に痛みや不快感を感じる
・矯正装置が当たる部分に口内炎などができることもある

ワイヤー矯正にかかる費用は、約60〜100万円です。

 

■ 部分矯正

続いて、部分的に矯正する方法があります。こちらは全顎的には問題は見られないものの、前歯だけなど部分的に治したい人に選ばれています。

部分矯正のメリットとしては次の点が挙げられます。

・全顎矯正よりも短期間で完了する
・費用も抑えられる

一方のデメリットは次の通りです。

・治せない症例もある

そして部分矯正にかかる費用は、ワイヤー矯正の表側の場合約15〜80万円、裏側(舌側)の場合約20~70万円、後述するマウスピース矯正の場合約10〜90万円です。

 

マウスピース矯正

最後に、透明なマウスピースを使った矯正方法です。こちらは全体矯正、部分矯正ともに可能で、複数個のマウスピースを製作し、つけかえていくことで、徐々に歯を動かします。

マウスピース矯正のメリットは以下の通りです。

・目立ちにくい
・取り外しが自分でできる
・清掃性が高く清潔
・痛みや違和感を比較的感じにくい

一方のデメリットは次の通りです。

・重度の叢生など適応できない症例もある
・決められた装着時間を守らないと、治療期間が延びることもある

今回は、ガタガタな歯並びを歯科矯正で治療する方法、また、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介していきました。

歯並びが悪くなる原因は、先天的な遺伝、後天的な習慣・癖など様々です。自分にあった矯正方法をプロの元で検査し、的確な治療方法で矯正されることをおすすめします。

 

矯正のプロが100%担当するマウスピース矯正「エミニナル矯正」

月2万円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ"矯正ドクター"が100%担当する仕組みを作りました。

エミニナル矯正の初回診断では、"矯正ドクター"があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

 

\ 矯正ドクターによる初回診断500円!/ 

今すぐ初回診断を予約する

 

サービス名 エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度) 13〜47万円 ※自由診療
初回診断 500円

※初月2.2万円(税込)から ※矯正ドクター:矯正治療を専門とした歯科医師

 

(エミニナル矯正)

 

トップへ戻る