すきっ歯|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

すきっ歯

投稿日:2020年10月5日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

歯並びの種類として

上顎前突下顎前突開咬過蓋咬合、叢生(八重歯)のお話をしましたが

今日はすきっ歯についてお話します。

 

すきっ歯とは空隙歯列といい、歯と歯の間に空隙が開いている歯並びのことです。

すきっ歯になる原因とは生まれつきなにか原因がある場合と癖などによるものがあります。

 

生まれつきの原因には

顎の大きさに対して歯が小さいことや

生まれつき歯の本数が足りなかったり(先天欠如)

歯が小さかったり(矮小歯)することがあります。

舌で歯を押す癖があると徐々に徐々に歯が動いて隙間が空いてきてしまいます。

 

空隙歯列だと歯の間に食べ物が挟まりやすいため

歯磨きをしていてもしっかり汚れが落とせなかったりして

虫歯や歯周病になりやすいです。

また、歯の隙間から空気が抜けてしまうため

発音がしづらいです。

かみ合わせも悪いため食べ物も食べづらくなってしまいます。

 

他の不正咬合でもそうですが

かみ合わせが悪いというのは食べづらいというだけでなく

食べ物がしっかり噛み砕けないということなので

胃の負担もかかります。

 

不正咬合はそのままにしておくと

様々な影響が出てしまいます。

矯正治療は少し時間がかかりますが

いつまでも健康なお口でいられるようになるべく治療しましょう。

お気軽にご相談ください。

 

トップへ戻る