マウスピース矯正で出っ歯は治る?出っ歯の特徴や症例をご紹介|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

マウスピース矯正で出っ歯は治る?出っ歯の特徴や症例をご紹介

投稿日:2021年11月30日

カテゴリ:エミニナル矯正

最近、よく耳にするマウスピース矯正。出っ歯でお悩みの方にとって、「マウスピースで出っ歯を治療できるのか?」を気になっている方も多いのではないでしょうか。

従来のワイヤー矯正に比べると「痛みが少ない」「目立ちにくい」などのメリットがたくさんあるマウスピース矯正は、近年矯正治療を専門とする歯科医師も注目してる治療方法です。

この記事では、出っ歯の特徴や症例、またマウスピース矯正で出っ歯を治療できるのかをご紹介します。

 

出っ歯について

まず、一言で出っ歯と言っても様々な症状、要因があります。出っ歯には、生まれつきの先天的なものから、習慣によって出っ歯になってしまった後天的なものがあります。

どちらが原因にせよ、前歯が他の歯よりも前に出っ張っている状態を指します。歯科用語では「上顎前突」と言い、顔の中でも歯が目立ちやすくなってしまうため気にされている人も少なくありません。

 

出っ歯の原因とは?

ここからは、出っ歯の原因についてご紹介していきます。先程も触れた通り、出っ歯になる要因として先天的なものと後天的なものがあります。ご自身がどちらかチェックしてみましょう。

■遺伝

両親または、そのどちらかが出っ歯である場合、遺伝で出っ歯になることがあります。こちらは、歯の矯正によって改善することが可能ですが、顎の構造上、極端に出っ張っていたり、顎の外科的な手術が必要なケースもあります。

■おしゃぶり

赤ちゃんの頃におしゃぶりをしていたという人は、乳児期のみならずその後も比較的長めに使っていたことで、出っ歯になることもあります。前歯を使っておしゃぶりを吸う癖が抜けずに、結果的に前歯を押し出してしまっているのです。

■口呼吸

呼吸と歯並びは一見無関係に思えるかもしれませんが、実は密接な関わりがあり、出っ歯の原因として挙げられるのが口呼吸です。

口呼吸を続けていると、口がポカンと開いている状態が続き、口周りの筋肉が緩んでしまいます。すると舌の筋肉の方が勝り、おしゃぶり同様に前歯を押し出すことなり、出っ歯になってしまいます。

■噛み合わせの悪さ

上の歯と下の歯の噛み合わせがうまくいかないと、バランスがうまく保てずに上顎だけが出てしまい、出っ歯の原因になります。

また、上下噛み合っていないことで、舌の位置が歯と歯の間にあることが多かったり、無理に口を閉じようとして唇を噛み締めるなどの癖ができてしまうこともあります。すると、舌の力で前歯を押し出し、出っ歯になってしまうのです。

■舌の癖

噛み合わせ同様、舌の癖も出っ歯を招く原因となります。舌が常に前歯に接しているような状態や、上下の歯の間に舌を置くような癖がある人は、無意識のうちに舌の力で前歯を押し出しています。

舌の力は微力に感じるかもしれませんが、歯科矯正でもわずかな力で歯を動かしていきますので、舌の力や習慣は侮れません。

 

出っ歯のマウスピース矯正は技術がないと難しい理由

出っ歯の矯正として近年、マウスピースに注目が集まっています。全体的な歯並びが気にならないとのことで幼少期の矯正を行わなかった人でも、大人になって気になり、治療を始めたと始めたという人もいます。

メリットが多く、治療も簡単そうに見えるマウスピース矯正ですが、実は高い歯科技術が要されます。その理由は次の通りです。

■状態を正しく診断する必要があるから

出っ歯の原因の項目でご紹介した通り、出っ歯には様々な要因があります。特に、後天的なものは日々の習慣によることが多いので、歯科医師が丁寧なヒアリングや状態の把握をしないと、思うような治療効果が得られないこともあります。

せっかく一時的に出っ歯が治っても、歯は後戻りするもの。根本的な習慣に目を向けていないと、再び出っ歯に戻ってしまう可能性もゼロではありません。

■顎関節症を発症の場合、その治療も必要だから

出っ歯に加え、顎関節症を併発している場合もあります。この場合、顎関節症を併発している原因を噛み合わせのせいとするのではなく、本当の原因は何なのかを歯科医師は探る必要があります。

顎関節症は様々な原因が複合的に起こることで陥る症状です。したがって、経験豊かな歯科医師が口腔内の状態と患者の習慣からメンタル面まで詳しく把握することが求められているのです。

 

格安マウスピース矯正で気をつけるポイント

近年、マウスピース矯正が注目され、格安マウスピース矯正というものも目にする機会が増えて来ました。

ワイヤー矯正よりも比較的リーズナブルにできるマウスピース矯正ですが、さらに安さを求めている人もいます。しかし、うかつに値段だけで決めるのには、次に挙げる理由から、注意が必要です。

■重度の場合はマウスピースができない

「目立たない」「痛みが少ない」などの理由からマウスピースを希望していても、適応できない場合もあります。それは、重度の症状のケースです。外科的な顎の手術が必要であったり、重度の「叢生」(デコボコの状態)で抜歯が必要なケースなどには、マウスピース矯正は不向きです。

■噛み合わせは治せない

格安マウスピース矯正は、基本的に前歯だけを治す部分矯正が多いので、上下の歯が関わる噛み合わせまでは治せません。また、奥歯の移動にも格安マウスピース矯正は不向きなため、奥歯の噛み合わせに問題がある場合も難しいと言えます。

■治療方針を決定する歯科医師の専門性に注目

歯科矯正は、歯科医師の免許さえ持っていれば施術が可能です。

しかし、格安マウスピース矯正を行うクリニックでは、矯正治療に特化していない医師が治療方針を決定することもあるようです。

矯正治療は、遺伝や習慣、精神面など様々な要因が関連する症状に対し、専門的な判断と治療計画が求められる分野です。専門的な教育やトレーニングを受けた歯科医師を選ぶようにしましょう。

 

出っ歯をマウスピースで矯正した症例

エミニナル矯正の矯正ドクターが、過去治療した出っ歯の歯並びです。

出っ歯には様々な要因があることがわかりました。また、マウスピース矯正は出っ歯の治療に有効な方法と言えます。まずは矯正歯科医師に、矯正によってどう変わるのかや、不安を相談してみてはいかがでしょうか。

 

100%矯正ドクターが担当する、マウスピース矯正ならエミニナル矯正

月2万円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ"矯正ドクター"が100%担当する仕組みを作りました。

エミニナル矯正の初回診断では、"矯正ドクター"があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

 

\ 矯正ドクターによる初回診断500円!/ 

今すぐ初回診断を予約する

 

サービス名 エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度) 13〜47万円 ※自由診療
初回診断 500円

※初月2.2万円(税込)から ※矯正ドクター:矯正治療を専門とした歯科医師

(エミニナル矯正)

トップへ戻る