インビザライン矯正治療中に気になる突起|千葉県柏市で歯列矯正なら柏KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日本矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定ドクター

マウスピース矯正

日曜日・土曜日も月2回休日診療

04-7192-8585

お問い合わせ・ご相談

インビザライン矯正治療中に気になる突起

投稿日:2020年10月18日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

インビザラインで矯正治療中に

歯についている突起や

マウスピース(アライナー)についている突起が

何なのか気になりませんか?

 

歯についている突起はマウスピースで歯を移動させるために

引っかかりを作るためのものです。

この突起はアタッチメントといいますが

歯を動かす手助けをしています。

 

マウスピースの前歯の裏についている突起は

バイトランプといいます。

 

これは患者様の状態によりついていない方もいます。

以前にもお話した過蓋咬合という

上の前歯が下の前歯にかぶりすぎている状態の場合

前歯を歯茎の方向に下げて(圧下)

奥歯を生えてくる方向に引っ張る(挺出)

ということを行い過蓋咬合を改善します。

 

もともとのかみ合わせで咬んでいるとなかなか

圧下と挺出が進まないので、

このバイトランプを咬むことにより

前歯には押し込む力がかかり、

奥歯には上に伸びるためのスペースができるので

この治療が効率よく行えます。

 

治療開始前にバイトランプを咬むことを

担当医から指導されると思いますが,

なるべく意識して咬むようにしましょう。

 

他にもマウスピースにはゴムを掛ける切れ込みがついていたり

または歯に直接ゴムを掛ける突起がついていたりします。

 

ゴム掛けのお話も以前にしたと思いますが

バイトランプに関しても指導があった場合には

しっかり使うようにしましょう。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る